0041-Poem-Love-and-Growth

  的確に答えてくれるはず
  なんてないのに
  泣いてるあなたに
  「どうしたの」
  「何がほしいの」
  しか言えない自分。
  手つないで話す親子を
  横目にして
  「いつかああなるから」と
  願いを込めて
  自分を励ます。

背景

 0歳児はとにかく泣く、わめく、しかも話せないので理由がわからない!そんな子供に対して、「どうしたの?」ばっかり言ってたある日、私たちの横を、小学生の女の子と母親が手をつないで楽しそうに会話しながら通り過ぎていきました。「あんな理想な日が、私たちにもいつか必ず訪れるはず。」と自分自身を励ますために書いた作品です。